さくらインターネットのレンタルサーバーでWordPressをインストールする方法

パソコンとディスクの写真 ホームページ作成

ホームページやブログを作る時に人気のWordPress。
通常、サーバーにWordPressをインストールするには、プログラムを取って来て、サーバーに配置して、インストール作業をして……と、結構な手間がかかります。
しかし、最近とても人気のWordPressなので、多くのレンタルサーバーが、ボタンクリックだけでインストールできる「クイックインストール」を採用しています。

さくらのレンタルサーバーでも、WordPressのクイックインストールに対応しています。
今回は、さくらのレンタルサーバーでWordPressをクイックインストールする方法を詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

前提条件

「独自ドメインをSSL化!~さくらインターネットのレンタルサーバーの場合~【WordPress】」の続きです。

  • さくらインターネットのレンタルサーバーに独自ドメインを追加済み
  • ドメイン側でネームサーバーの変更作業を実施済み
  • 独自ドメインをSSL化実施済み
  • これから新規でブログやホームページを作成する

WordPressクイックインストール方法

コチラからサーバーのコントロールパネルにログインします。
https://secure.sakura.ad.jp/rs/cp/

サーバーコントロールパネルキャプチャ

左のメニューから「Webサイト/データ -> クイックインストール」をクリック

サーバーコントロールパネルキャプチャ

クイックインストール画面でWordPressの「新規追加」ボタンクリック

サーバーコントロールパネルキャプチャ

WordPressのインストール画面になります。

まずはデータベースを作成します。
「データベース作成」ボタンクリック

サーバーコントロールパネルキャプチャ

「データベース名」「接続用パスワード」を入力します。
※必ず控えておいてください!後で使用します!

「データベース名」は例えば「wp_xxxxx」等と設定すると、後からでもWordPress用のデータベースだと分かります。(xxxxxは任意の文字列)

画面下の注意事項「同意する」をチェックONにして「作成する」ボタンクリック

サーバーコントロールパネルキャプチャ

WordPressインストール画面に戻ってくるので、それぞれ入力していきます。

【画面前半】

  1. ドメインを選択
  2. インストールURLは「ドキュメントルートを変更」で、フォルダ名を入力する。(ドメイン名が自動設定されるので、それでもOKです)
  3. 「利用データベース」で作成したデータベースを選択する。
    ※名前が少し変わっています。
     「[アカウントID]_[設定したデータベース名]@[myspl00.初期ドメイン名]」
     で表示されます。
  4. データベース作成時に設定したパスワードを入力する。
  5. 「テーブルの接頭語」にランダムな英数字が表示されます。そのままでOK。
サーバーコントロールパネルキャプチャ

【画面後半】

  1. WordPressにログインする時のユーザー名になります。設定した名前を控えておいてください。
  2. WordPressにログインする時のパスワードになります。設定したパスワードを控えておいてください。
  3. WordPress管理用のメールアドレスになります。
  4. 「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」チェックONにします。
    この設定で、Google等の検索に表示されなくなりますが、URLを直接指定すれば表示できます。後からWordPressの管理画面で変更できるので、最初はチェックONにしておきます。
  5. 「ライセンス・利用規約に同意する」をチェックON。

※「サイトのタイトル」は後からWordPress管理画面で変更できます。

画面下の「作成する」ボタンクリック

サーバーコントロールパネルキャプチャ

WordPressのクイックインストールが完了すると自動的に、インストール済みパッケージ一覧画面に移動します。

「設置先」に設定したドメインのURLが表示されているので、そこをクリック。

サーバーコントロールパネルキャプチャ

WordPressのログイン画面になります。設定したユーザー名・パスワードでログインします。

WordPress管理画面キャプチャ

SSL設定が完了している場合、URLの設定を「s」付きの「https」にします。
WordPress管理画面メニュー「設定 -> 一般」から、「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」のアドレスを「https」に変更します。

画面下の「変更を保存」ボタンクリック

WordPress管理画面キャプチャ

まとめ

以上でWordPressのインストールは完了です。
データーベースの設定辺りはハードルを感じるかもしれませんが、基本的には各項目に入力してクリックしていくだけです。

ユーザー名やパスワードを色々入力しますが、忘れないように控えておいてください!

控えておくべき内容
  • データベース名/パスワード
  • WordPressのユーザー名/パスワード

WordPressのインストールが完了したら、ようやくスタートラインです。
早速、ホームページやブログの設定を始めましょう!

▼▼さくらのレンタルサーバーはこちらから▼▼

タイトルとURLをコピーしました