独自ドメインをSSL化!~さくらインターネットのレンタルサーバーの場合~【WordPress】

SSLの写真 ホームページ作成

SSLをご存知ですか?
以前は必要なWEBサイトにのみ実装されていた仕組みですが、現在は全てのWEBサイト(ブログやホームページ)に必須と言える仕組みになっています。

WordPressで作られたホームページで、SSL化されていないページを見かけることがよくあります。自分で設定する必要はありますが、無料で簡単に設定できるので、是非SSLを実装しましょう。

今回は、さくらインターネットのレンタルサーバーで独自ドメインをSSL化する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

SSLとは

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で情報を暗号化してやり取りする仕組みの事です。

具体的には、URLが「https://~」となっているWEBサイトは、SSLが実装されています。
「http://~」となっているWEBサイトは、SSLが実装されていません。

WEBサイトにSSLが実装されているかどうかは、現在は分かりやすく表示されています。

URLが載っているアドレスバーに鍵マークがついているWEBサイトは、SSLが実装されています。

アドレスバーのキャプチャ

SSLが実装されていないWEBサイトの場合「保護されていない通信」と表示されます。(Chromeブラウザの場合)

アドレスバーのキャプチャ

以前は、お申し込みフォームや、クレジットカード決済などの場合のみSSLが推奨されていましたが、現在はGoogleが全てのWEBサイト全てのページでSSL化することを推奨しているため、このような表示になっています。

そのため現在では、WixやJimdo等のホームページ作成サービスでは、自動的にSSL化されるようになっています。

しかし、レンタルサーバーを自分で借りて独自ドメインを設定している場合、自分でSSL化の設定をする必要があります。

無料でSSL化できるレンタルサーバーが多くなっており、新しいホームページやブログを作成する場合には、管理画面から設定するだけで簡単にSSL化できます。

前提条件

前回の「さくらインターネットのレンタルサーバーで独自ドメインを追加する方法」の続きです。

  • さくらインターネットのレンタルサーバーに独自ドメインを追加済み
  • ドメイン側でネームサーバーの変更作業を実施済み
  • これから新規でブログやホームページを作成する

※SSL化していないブログやホームページを既に持っている場合、この記事の方法だけではSSL化完了とはならないので、ご注意ください。

独自ドメインをSSL化する方法

SSLにもいくつか種類があり、有料のもの(有償SSL証明書)もありますが、今回はサーバーが提供している無料のSSLを利用します。

コチラからサーバーのコントロールパネルにログインします。
https://secure.sakura.ad.jp/rs/cp/

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ
送付されるメールキャプチャ
送付されるメールキャプチャ

左のメニューから「ドメイン/SSL -> ドメイン/SSL」をクリック

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ

ドメイン/SSLの設定画面になりました。
追加した独自ドメインの右の「SSL」ボタンクリック

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ

緑色の「登録設定を始める(SSL証明書の種類を選択)」ボタンクリック

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ

一番上の「Let’s Encrypt(無料SSL)」の「利用する」ボタンクリック

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ

「Let’s Encryptの利用ポリシーに同意する」をチェックONにして「無料SSLを設定する」ボタンクリック

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ

ドメインを登録した直後など、エラーメッセージが表示されることがあります。
数時間~1日程度待ってから、再度試してみてください。
※ドメインの登録がインターネットの世界に浸透する必要があるためです。

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ

正常に進むと、発行手続き中の画面になります。
発行には数十分~数時間かかるようですが、私の時は10分程度でした。
待っている間、画面は閉じてしまって大丈夫です。

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ

SSL証明書の発行が完了すると、お知らせメールが届きます。

送付されるメールキャプチャ

左のメニューから「ドメイン/SSL -> ドメイン/SSL」をクリックして、再度ドメイン/SSLの設定画面を表示

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ

独自ドメインにも、SSLが設定されている鍵マークが表示されています。
SSL設定の完了です。

さくらのレンタルサーバー画面キャプチャ

ドメインの転送設定をします。ドメインの「設定」ボタンクリック

リダイレクト(転送)設定をします。

  • 「www.[独自ドメイン]」→「独自ドメイン」に転送
  • HTTPSに転送

ついでに「SPFレコードの使用」をチェックONにします。

画面下の「保存する」ボタンクリックで完了です。

まとめ

さくらインターネットのレンタルサーバーで独自ドメインにSSLを実装する方法をお伝えしました。

今では多くのレンタルサーバーで、無料でSSLが設定できるようになっています。

SSL化されていないWEBサイトはSEOとしても不利になる、とも言われています。
無料で簡単に設定できるので、是非実装しましょう。

※SSL化していないブログやホームページを既に持っている場合、この記事の方法だけではSSL化完了とはならないので、ご注意ください。

▼▼さくらのレンタルサーバーはこちらから▼▼

タイトルとURLをコピーしました