独自ドメインの必要性とドメイン名の決め方

ホームページ作成

「独自ドメイン」という言葉を知っていますか?
事業を始めてホームページを持とうとした時に初めて聞いた、という方もいるかと思います。

事業用のホームページを作る場合、独自ドメインを設定することを強くオススメします。

独自ドメインとは何か?いくらかかるのか?ご紹介します。

スポンサーリンク

個人事業のホームページは独自ドメインを設定した方が良い

ドメインの写真

独自ドメインとは

ドメインとは、ホームページのアドレス(URL)の事です。

ホームページが作成できる、WixやJimdoのサービスを無料で利用していると、そのサービス名が付いたURLになりますよね。
例えば「https://○○○.wixsite.com」などです。

独自ドメインとは、自分だけのオリジナルなドメインのことになります。
「https://○○○.com」という形で設定することができます。

独自ドメインはお客様を長く継続的に確保する財産

事業を始めた当初は、無料で使えるホームページ作成サービスに魅力を感じて、使う方が多いですよね。

けれど、お客様が増えてきた時、事業が大きくなってきた時、無料の範囲内では不便を感じて来た時……どこかで、有料のサービスに乗り換えたくなる時が来ます。

その時にホームページのURLが変わってしまうと、これまで配って来た名刺やチラシに無料のホームページのURLを記載していた場合、全て印刷し直すことになります。

また、古いURLが記載された名刺やチラシを見たお客様がホームページにアクセスした時に、お客様があなたのホームページに辿り着けなくなってしまいます。

これまでお客様がブログやSNSであなたのホームページを紹介して下さっていることもありますよね。それらが無駄になってしまうのは、とても勿体ないことです。

独自ドメインを早い時期に設定することで、お客様を長く継続的に確保することに繋がります。

ドメイン名の決め方

「.com」の写真

屋号、お店の名前、個人名でもOK

屋号やお店を持っている方は、その名前をドメイン名にすることが多いです。

個人事業の場合、自分自身が商品であることも多いので、その場合は個人名でも大丈夫です。

以下の点に注意して付けることをオススメします。

  • 短くて覚えやすい
  • 読みやすい
  • 入力しやすい

ホームページを持つと名刺やショップカードに載せることが多いので、短い方が良いです。

また、独自ドメインはメールアドレスにも利用できます。
「info@○○○.com」などです。
メールアドレスは手入力することもあるので、読みやすくて入力しやすい方が良いです。

使える文字と記号

ドメインに使える文字は以下の通りです。

  • 半角英数字「a-z」「0-9」
  • 半角ハイフン「-」
  • 日本語

記号はハイフンのみとなります。

最近は日本語のドメイン名も使えるようになっていますが、お勧めしません。
ドメインは世界共通なので、世界中から使えるアドレスに変換されます。

例えば、日本のブラウザで「https://彩華.com」と設定した場合、以下のように変換されます。

【https://xn--h3ty62f.com/】

長い名前になれば、この不思議な文字列がもっと長くなります。
日本に住んでいる私たちのブラウザでは日本語で表示されますが、ブログやSNSで紹介する時には世界共通のアドレスが表示されます。

日本語のドメイン名は避けて、英数字での設定をオススメします。

ドメイン種別と料金

ドメインには種類があります。「.com」「.net」「.co.jp」などです。

これらには元々使い分けがありましたが、今は厳密ではないものが多いです。
また、利用する種別によって価格が違います。

代表的な種別が以下の通りです。

ドメイン種別意味
.co.jp日本の企業を表す。法人登記が必要。
.com企業や商用サービスを表す。
.netネットワークサービス提供者を表す。
.org非営利団体を表す。
.bizビジネスを表す。

「.co.jp」は明確な制約がありますが、それ以外は今は誰でも使えます。

基本的には「.com」が一番オススメです。

理由は、一番、一般的だからです。
お値段も年間1,000円程度でお値打ちです。(月額ではなく年間です)

「.xyz」などのあまり見かけない種別が数十円と安いこともありますが、お勧めしません。
見慣れないURLは、お客様から見た時に、怪しいサイトと勘違いされることがあります。

また、登録1年目は安いけれど、2年目以降の更新料が数千円する場合もあります。

例えば、某ドメイン管理会社の某日の値段は以下の通りです。

ドメイン種別1年目登録料2年目以降の更新料
.com1,160円1,480円
.net799円1,480円
.co.jp3,980円3,980円
.jp2,049円3,040円
.org1,199円1,680円
.biz699円1,580円
.shop799円3,980円
.info499円1,680円
.online89円4,980円
.xyz99円1,480円

この中だと「.shop」「.online」が、2年目からの更新料が高いですね……
「.xyz」も登録料の安さと比べると、更新料は値上がりすることが分かります。

値段は管理会社によっても変わりますし、同じ会社でも頻繁に変動するので、お得な時を狙って取得するのも良いです。
オススメした「.com」も、タイミング次第で上記の「.net」と同じ値段です。

ドメインは以下の点に注意して選んでください。

  • 自分の事業に合っている
  • 一般的(怪しく見えない)
  • 2年目以降の更新料が安い

他と同じ文字列は登録できない

ドメインは、インターネット上の住所のようなものなので、既に使用されている文字列は登録できません。

一番オススメと紹介した「.com」は人気なので、取得したいドメインが既に使われている場合もあります。

既にドメインが使われているかは、ドメイン管理会社で簡単に確認することができます。
以下のドメイン管理会社が有名です。

■お名前ドットコム

■エックスドメイン

既に「.com」で使われている名前でも「.net」で使われていなければ、「.net」で取得することは可能です。
けれど、やはり紛らわしいので、あまりお勧めできません。
文字を変えたりハイフンを入れたりして、他で使われていない文字を探すのがオススメです。

どうしても同じ名前で種別違いのドメインを取る場合には、既に使われている「○○○.com」等がどんなサイトか、確認してからが良いです。
万が一、出会い系等の怪しいサイトで使われている名前の場合には、やめておいた方が良いですよね。

まとめ

ノート・ペン・スマホの写真

名前の付け方と種別の選び方をまとめると以下の通りです。

名前の付け方
  • 短くて覚えやすい
  • 読みやすい
  • 入力しやすい
種別の選び方
  • 自分の事業に合っている
  • 一般的(怪しく見えない)
  • 2年目以降の更新料が安い

事業を長く続ける場合、独自ドメインは大切な自分のブランドの一部なので、できるだけ早めに取得して設定することをオススメします。

WixやJimdo等の無料から始められるホームページ作成サービスでも、独自ドメインは設定可能です。有料プランにする必要がある場合が殆どなので、各サービスのプラン料金を別の記事で紹介しています。

▼▼お名前ドットコムはこちらから▼▼

▼▼ムームードメインはこちらから▼▼

▼▼エックスドメインはこちらから▼▼

タイトルとURLをコピーしました